« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »

2010-10-13

16年ぶりのヒナ

9月4日にショウジョウトキのヒナが孵化して元気に育っています。

ショウジョウトキ?とすぐに姿が思い浮かばない人も多いと思いますが、フライングケージでひときわ目立つ赤い鳥です。 

Photo

徳山動物園ではショウジョウトキを長年飼育していますが、1994年以来、ヒナの育成がストップしてしまいました。

これまでも、産卵や孵化はしていたのですが、卵が割れたり孵化してもすぐに死亡してしまったりして、なかなかうまく育ちませんでした。

ヒナは、まだ親のように赤くなく黒い羽色をしています。元気に鳴いて親鳥に餌をねだって、日に日に大きくなっています。

今では、巣に1羽で立って、親鳥の帰りを待つこともできるようになりました。

Photo_2

このまま、大きく成長して無事に巣立ちが迎えられるように、みなさんもあたたかく見守ってくださいね。

| | トラックバック (0)

2010-10-06

キリンのユウキ さようなら!元気でね!

サクラの2頭目の子供のユウキが仙台市の八木山動物園へと旅立ちました。

これは、ブリーディングローンといって繁殖の為の貸し出しですflair

2009年8月11日に産まれたときは180cmだったユウキも3mを超え立派な若者になりました。

産まれた時の動画

八木山動物園でも元気に育って、たくさんの子孫を残して欲しいと思いますhappy01

Yuuki1
不安げなユウキ かなり暴れていました・・coldsweats02
目隠しされて少し落ちついたようです。

Yuuki2

たくさんの人たちに見送られながら旅立って行きました。

Yuuki4

ゾウのマリもお見送りですwink

Yuuki3

ユウキ元気でね~

いつか会いに行くからね~paper

皆さんも仙台に行く機会があったら八木山動物園のユウキに

会いに立ち寄ってあげて下さいね。

周南市徳山動物園ホームページ

| | トラックバック (1)

ハ虫館裏情報!!(2)

9/23と10/5にアルマジロトカゲが産まれましたshine

このトカゲも以前紹介したワニトカゲと同じく密輸されようとしたものが

保護され当園に来ました。

このトカゲは、南アフリカに生息していますが、

近年個体数が激減していることからワシントン条約により国際的に保護されています。

胎生で、一度に1,2匹しか子どもを産まないことも減少の原因でしょう。

ペットとして人気があるために、日本へもしばしば密輸され、摘発されています。

本当に動物好きなら野生の動物たちの事も考えてほしいものです。

徳山動物園では非公開で飼育しているため、現在見ることはできませんが、

ワニトカゲとともに何らかの形でお見せできればと思います。

サイテス展でもしようかな?「密輸される動物たち」なんてタイトルで・・・

Dvc00110_2
産まれたばかりの子供(胎生の為、かなり大きい。親は20㎝程度)

周南市徳山動物園ホームページ

| | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »