« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011-08-24

待望の産卵~チリーフラミンゴ

今年は生き物たちの暦が狂っている感じがしませんか?3月に寒さが厳しくてツバメが渡来する時期が遅かったり、梅雨が短くてセミが早くから鳴いたり・・・

当園では、フラミンゴの産卵時期が遅かったです。

冬期に鳥インフルエンザ対策で張ったネットの影響で、今年は鳥類の産卵が期待できないかな?と思っていたので、神経質なフラミンゴには先ず産卵はないな・・・とあきらめていたのです。
でも挑戦したくて、 フラミンゴたちの気持ちを盛り上げるheart02ために、産卵時期前にエサをバージョンアップしたり、巣を作りやすいように土を耕したりを例年通りにしたのですが、当園での産卵最盛期である梅雨時期に産卵をしませんでした。

ところが、梅雨明けからしばらく経った7月中旬に、チリーフラミンゴのペアが交尾前に見せる追尾行動を見せはじめ、交尾まで確認できたのですflair

そして8月の猛暑期に、ついに産卵しましたbellshinenotes
10年近く、フラミンゴとお付き合いをしていますが、こんなに遅くに第一卵を産卵したことはありませんでした。

Fsanran

あきらめかけていた矢先の産卵でしたので、とてもうれしかったshineです。
この卵が孵化してくれることを期待します。

がんばれdash フラミンゴたち。

| | トラックバック (0)

2011-08-20

珍ネズミはっけん!

只今、徳山動物園では展示館にて「身近ないきもの大集合!」という企画展を開催中ですsign01

1522 徳山動物園ホームページ

題名通り、山口県周南市周辺の生き物たちを集めて展示しているのですが、モグラだけの展示だけがずっと「準備中」のままでした。一度は捕獲したのですが、すぐに亡くなってしまい、その後、捕獲できずに時だけが過ぎていましたcoldsweats02

そんな時に、畑でネズミが捕獲され、動物園に持ち込まれました。
そのネズミは今まで見たことないような型のネズミでした。

「ミニウォンバット?」

これが私の初めの感想でしたcoldsweats01
鼻先はそれほど尖っておらず、まんじゅうのようにまあるい体でオーストラリアに住むウォンバットを思わせる体つきでした。

0

図鑑等で調べると、「ハタネズミ」か「スミスネズミ」らしいことが分かりました。
山口県の博物館に問い合わせてみると、おそらくハタネズミであろうということでした。
山口県で捕獲は大変珍しいそうです。

ハタネズミは畑などで穴を掘って生活しており、食性は違いますが、モグラと似たような生活をしています。

これは・・・flair

と思い、モグラを入れる予定のケージへハタネズミを入れてみました。

正直あまり期待はしていませんでしたが、巣穴をよく動き回っているようです。

Photo

見たときはだいたい動いてませんが・・・

ぜひ、皆さんも展示館にお越しになって、おまんじゅうのようなかわいらしい珍ネズミをご覧になってください。

| | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »