« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016-05-08

無事に巣立ちました

先日、報告しましたフクロウのヒナたちですが、5月4日と5日に無事に
巣立つことができました。

Subakohina

巣立ち前は巣箱のふちにつかまって、外の様子をうかがっていました。
巣箱の上にいるのは、お母さんフクロウです。

巣立ったとはいえ、ヒナはまだ飛ぶことはできません。近くの木によじ登って、
親フクロウに見守られながら昼間はじっと過ごします。
3日から5日に行われた、夜間開園期間に巣立ちをしたので、夜の様子も観察
できました。ヒナを見つけたお客さんは「かわいい~!」と言いながらヒナに
釘付けでした。
体もまだ小さくて白い綿毛に包まれたヒナはとても弱々しく見えますが、暗くなると
あちこちによじ登ったり、鳴いて親鳥にエサをねだったりと想像以上にたくましく、
安心しました。

Cyokugo

巣立ち直後のヒナの様子です。決死の巣立ちに疲れているのか、石に化けて
身を隠しているつもりか、動きはほとんど見られませんでした。

Yoruhina

しかし、夜になると立ちあがってあちこちに移動し始めました。
夜行性のフクロウは夜の方が安心して動けるようです。

| | トラックバック (0)

2016-05-03

こっそり成長中!

徳山動物園でフクロウといえば、入園口近くにいるメンフクロウのラブちゃんや
フクロウのフータロウちゃんがお馴染みですが、鳥類ゾーンの一番奥にある
フクロウ舎でも、シロフクロウとフクロウを飼育しています。
ちょっと奥まった所なので気付かない人も多いかもしれませんが、実は毎年
フクロウのペアが産卵と抱卵をしていました。しかし、残念ながら卵が孵化する
ことはありませんでした。

ところが、今年は巣箱の中を少し改良したためか、4月初めにかわいいヒナが
卵からかえって元気に成長しています。フクロウのヒナは巣箱にこもったまま
巣立ちの日が近づくまで外に出てくることはありません。お母さんフクロウが
巣箱から出てきた隙に、ちょっとだけ巣箱をのぞかせてもらいました。

Fuku3

3羽のヒナが見上げていました。
白い綿毛に包まれて大変かわいらしい様子です。
早ければゴールデンウィーク中には巣箱から顔を出すかもしれません。

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »