« 2017年10月 | トップページ

2017-11-26

秋のめぐみをプレゼント【野鳥観察所】

今年の10月1日にオープンした野鳥観察所では、山口県で見ることのできる鳥類たちを、なるべく自然に近い環境で、野生でみられるような行動が引き出せるように展示しています。

展示場の中に季節感も取り入れつつ、庭先や身近な自然で採取した秋のめぐみmapleを鳥たちにプレゼントpresentしました。

Photo
農家の方からいただいたお米つきの稲わらを棒に引っかけてみました。刈り取った稲を天日干しする「はぜかけ」をイメージして。お米が減っていくのは少しずつですが、キジの仲間やムクドリたちが楽しんでいるようです。

続いて、よく熟れた柿。ムクドリやシロハラに大人気でした。

Photo_2

この時期に実るクサギも何か所かに刺してみました。残念ながら採食シーンの撮影できず。実はなくなっていましたから、食べてくれたようです。
Photo_3

そしてお客様からの差し入れや園内で採集できるドングリもプレゼントしました。

Photo_4

普通に与えたのではおもしろくないので、落ち葉で隠してみました。これは、一部は食べてもらってもいいのですが、発芽してくれることも期待してまいています。

Photo_5

落ち葉と一緒に、野鳥たちに人気のあるモッコクの木の実も混ぜてみました。

Photo_6

落ち葉があると、その下にダンゴムシなどの小さな生き物たちも集まります。また、落ち葉そのものに付いていることもあります。落ち葉の下にある木の実だけでなく、それらの生き物たちもねらって、キジの仲間やムクドリ、シロハラなどが落ち葉をガサガサと探る様子も観察できます。

これらの自然のめぐみは、随時追加していきます。
自然学習館1階室内からの陸地部分の観察ポイントと、野鳥観察所屋外のウォークスルー部分の陸地部分に仕込んでおきますnote

| | トラックバック (0)

2017-11-22

トレーニング ~リキ編~

昨年から本格的にショーで活躍し始めたのがノスリのリキです。
ノスリは日本に生息していますが、夏の間は山地で過ごし、冬に
なると市街地でも見ることができる猛禽類です。
トビと間違えられることもありますが、少しずんぐりした体型と
白っぽく見えるお腹が特徴です。
リキとその担当者は、トレーニングをしていく過程を一から
積み上げてきたこともあり、リキにとっても担当者にとっても
特別なパートナーです。

Riki_2


まだお互いに経験が浅く、今後のフライトショーの中でもまだまだ
発展させられる可能性を持っている1羽と1人です。
リキの一番の見せ場は地面を走る疑似餌(ルアー)をキャッチする
パフォーマンスです。昨年よりも精度が上がって、よりスピード感の
ある飛び方ができるようになりました。

ノスリというちょっと聞きなれない鳥の名前ですが、ぜひ注目して
もらいたい日本の猛禽類ですので、今後の活躍にご期待くださいね。

|

トレーニング ~アイ編~

徳山動物園でトレーニングをしている猛禽類の中で、一番若い鳥が
メンフクロウのアイです。小さな体と、白色と黄金色の羽、つぶらな
黒い瞳がお客さんにとても人気があります。しかし、アイはお客さんの
ことがちょっと苦手なようで、たくさんの人に囲まれたり接近されすぎたり
すると、とても怖がります。
最近は正門の近くでフライトのトレーニングやお客さんに慣れるトレーニングを
しています。

Ai1

調子のいい時は、いろんなところにお散歩に行きます。
この日は受付窓口に行きました。

Ai2_4


頑張ってトレーニングをしているアイに出会うことがありましたら
急に近づかずにやさしく声をかけながら様子をみてあげてくださいね。








|

2017-11-10

トレーニング ~アグリアス編~

徳山動物園の猛禽(ワシやタカ、フクロウの仲間)たちの中には、
直接フライトショーには出てこないけれど、健康管理や間近に動きを
見てもらうためにトレーニングをしている鳥がいます。
ハリスホークのアグリアスもその1羽です。

Pb085293


現在おこなっているトレーニングは、お客さんに見られることに慣れる
ことと、筋力アップのための垂直羽ばたき訓練です。この羽ばたき訓練は
ジャンプアップと呼ばれるトレーニングで、実は鳥にとって大変ハードな
動きなのです。
アグリアスの担当者は、とてもストイックな性格のようでアグリアスに対しても
頑張って欲しいという強い思いでこのトレーニングに取り組んでいる様子です。
きびきびとした動きとタカらしい美しい姿をしたアグリアスのトレーニングを
ご覧になることがありましたら、応援してあげてくださいね。

|

トレーニング ~チャンドラ編~

いよいよフライトショーのシーズンがやってきました。
鳥たちが飛んでいる様子を間近に見ていただくために、現在どの鳥も
トレーニングを頑張っています。毎年おこなうフライトショーのベテランは
ベンガルワシミミズクのチャンドラです。訓練初期は、なかなか感覚が
取り戻せなくて途中で嫌になってトレーニングをボイコットすることもあります。
たいていは、久しぶりに見るお客さんの姿に驚いてしまうことや、
あまりに多くの人に見られて緊張のあまり人目を避けたくなって…という
ことが多いように感じます。

Cyan1

この日は訓練の途中でカバ舎の屋根に上がってしまいました。
高い場所に飛んで行って気持ちを落ち着けているのでしょう。
偶然見つけた人は心配してくださいますが、しばらくすると戻ってくる
ことができますのでご安心くださいね。

最近は、人に見られることにも慣れてきました。

Cyan2


それでも急に走って近づいたりすることは絶対にしないでくださいね。
チャンドラが安心して皆さんの前を飛べるようにご協力をお願いします!

|

2017-11-04

クロツラヘラサギが新しく仲間入りしました

2017年10月26日、東京の多摩動物公園より、オス2羽・メス2羽の合計4羽のクロツラヘラサギが新しく仲間入りしました。

クロツラヘラサギは東アジアにのみ生息する絶滅危惧種です。野生での生息数は大変少なく、4,000羽未満(2017年の調査記録より)です。10月~3月頃に日本に渡ってきます。日本といっても、毎年観察できるのは九州地方で、ここ山口県でも西部の河口や干潟に渡来しています。

これまでは関東地方の動物園等でしかご覧いただけませんでしたが、今回の仲間入りで当園が西日本唯一の展示となります。野生のクロツラヘラサギが渡ってくる地域の皆様にご覧いただき、興味を持っていただける機会になると考えています。

到着後、小さめのスペースで採食状況などを観察しました。
初日から魚などを食べ、落ち着いた様子をみせました。

1026_2

そして、10月31日、野鳥観察所に移動しました。
4羽とも、箱の扉を開けると、ゆっくり歩いて出て、自然と池の周りの岩場に集合しました。

1031

10314

以前よりこの施設で飼育しているコサギやアマサギなどに追われたり、逆に攻撃したりすることもなく、付かず離れずの距離を保っています。

初日はさすがに緊張したのか、大好物の魚を食べることはありませんでしたが、翌日の午前中には食べてくれるようになりました。

手が届きそうなくらい近くで羽を休めていますので、細部までしっかり観察してみてくださいねeye

1031_3

ぜひ実際の大きさや姿、動きを見にきてくださいね。

| | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ